HAMAMATSU DESIGN COLLEGE

専門学校 浜松デザインカレッジ

資料請求・お問合せ

浜デの就活卒業生インタビュー

村松里穂さん

村松里穂さん

私にしかできないサービスで、
お客様にプラスαのよろこびを。

Samansa Mos2 アピタ静岡店
ファッションアドバイザー
ファッション・コーディネート科 2013年度卒
取材:2014年3月

商品だけでなく、本当のサービスを提供したい。

「サービスとは、単に接客をして商品を売ることではない。商品と一緒に新しい知識や発見を持ち帰ってもらうことだ」。これは浜デの先生に言われた言葉で、私の中にずっと残っている大切な言葉です。ですから、お客様と向き合うときにはコーデの仕方だけでなく、様々な生地によって変わる扱い方や特性、服のシルエットの呼び方などお客様が知りたいだろうと思う情報を意識的に話すようにしています。お客様が感心してくれたり、驚いてくれたりすると、「やったね!」なんて思ってしまいます。

この仕事が私を変えてくれました。

実は私は社交的な方ではなかったので、働きはじめる前は少し不安もありました。だからいつも笑顔だけは忘れないようにしようって決めたんです。すると不思議なもので、こちらが笑顔だとお客様も笑顔で接してくれるんです。お陰で今ではとても明るく積極的になれましたし、「元気をもらいに来た」とか「笑顔を見たくて寄った」なんて言ってくれるお客様も増えました。自分の存在が誰かの力になるなんて、これまで考えてもみませんでした。大好きな洋服と、やさしいお客様たちに囲まれて、毎日が楽しくてたまりません。

新しい目標に向かって頑張っていきます。

浜デに入学する前はスタイリストになることが夢だったのですが、働きはじめてから変わりました。お世話になっている店長と常連のお客様の関係がとても素敵で、自分もあんな風になりたいって憧れるようになりました。今はしっかりと与えられた仕事をこなして、愛される店長になることが目標です。